[PR]

 第73回秋季県高校野球大会の決勝が9月30日、宇都宮市の清原球場であり、国学院栃木が石橋に6―5でサヨナラ勝ちし、3年ぶり6回目の優勝を決めた。両校は来春の選抜大会出場をかけて、10月24日から千葉県で開かれる秋季関東大会に出場する。

石橋―国学院栃木

 国学院栃木が接戦を制した。3点を追う六回、林の適時二塁打など4長短打を集めて4点を挙げ、逆転。追いつかれた後の九回2死二塁、最上の中前適時打でサヨナラ勝ちした。前半にリードした石橋は、九回1死二、三塁でスクイズが併殺に。惜敗した。

     ◇

 5―5の同点で迎えた九回裏2死二塁。5打席目を迎えた国学院栃木の最上太陽選手(2年)は、狙っていた直球が来たと見定め、思い切りはじき返した。中前に運んでサヨナラ勝ち。本塁近くで、仲間たちと優勝の喜びを分かち合った。

 「任せて下さい」

 打席に入る前、柄目直人監督にそう告げていた。4番打者としての気迫を伝え、監督に「いける」と確信させた。

 新型コロナウイルス禍で休校の間は、自身の素振り動画を撮り、一から立て直した。ウェートトレーニングで力もつけた。今大会は決勝前まで打率5割ほどと好調だった。決勝は4打席目まで凡退していたが、当たりは悪くなく、気落ちはしなかった。「最後は修正できた。チームに貢献できて、ほっとした」

 国学院栃木の秋季県大会優勝は6回目となるが、今回はノーシードからつかんだ。「下克上」を合言葉に挑戦者として戦ってきた。関東大会でも勝って選抜大会に出ることが、チームの目標だ。

 「持ち味の粘り強い打撃と堅実な守備をしたい」。最上選手は口元を引き締めた。(中野渉

関連ニュース