[PR]

 大阪のものづくり力を生かした携帯型の飛沫(ひまつ)防止シートを、大阪市立大の荒川哲男学長(70)と府内のメーカー2社が試作した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、大半の授業が後期もオンライン。キャンパスで学べる限られた機会を安心して過ごしてほしい。大人たちのそんな思いがこもる。

 シートの名前は「しきっチャオ」。授業ごとに教室を移動する学生一人ひとりが、自分用として持ち運んで組み立てられる。重さは180~200グラムと手軽さが売りだ。

 荒川学長が携帯型を思いついたのはお盆休みだった。後期を前に、一部の授業での対面再開について考えていた。学生が持ち運べたら、安心できるのではないかと思いついた。すぐに自宅近くのホームセンターで木材やフィルムを約700円で買った。3時間ほどかけて1台作った。

 「これをモデルに量産できない…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら