[PR]

 「五木の子守唄」で知られる熊本県五木村は、村のキャラクター「いつきちゃん」の新たなイラストをお披露目した。「巨人の星」などを描いた漫画家川崎のぼるさん(79)=熊本県菊陽町=が村の依頼で描き下ろした。

 いつきちゃんは2009年9月に誕生した。五木の子守唄にちなんで子守娘として描かれ、五木村出身の12歳という設定。四季を通して村が「いつきてもいいところ」との意味が名前に込められており、ストレートに五木村が思い浮かぶため全国からの応募で決められた。「つばきちゃん」という赤ちゃんをおぶっている。誕生から10年を迎えたことを記念して村が依頼し、川崎さんがデザイン・作画を手がけた。

 新しいイラストは11種類。12歳のままだが、ちょっぴり成長したいつきちゃんがテーマで、髪を茶色に染めて道着をまとう姿や、太鼓をたたく勇ましい姿もある。東京五輪を応援するバージョンも。川崎さんは今月16日にあった発表会見で「今まではおとなしいイメージだったが、今回は殻を破って少しやんちゃないつきちゃんを描いた」と話した。新旧合わせてイラストは計37種類になった。

 新しいイラストは観光PRで活…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら