[PR]

日曜に想う

 明治40(1907)年だから日露戦争終結の翌々年である。時の西園寺公望首相は文人を招き「雨声会(うせいかい)」を催した。

 西園寺は明治維新後に渡仏してソルボンヌ大学で日本人初の学士となり、政界に入る前には東洋自由新聞の社長も務めた。自由主義の気風漂う「文人宰相」ならではの招宴ではあったろう。

 招待されたのは森鷗外(もりおうがい)、幸田露伴、泉鏡花、島崎藤村ら20人である。二葉亭四迷と坪内逍遥、夏目漱石は断った。

 漱石は朝日新聞に入社して小説「虞美人草」にとりかかったところだった。断りのはがきに一句添えた。

 〈時鳥(ほととぎす)厠(かわや)半ばに出かねたり〉

 多忙が本当に断りの理由だった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら