[PR]

分極社会

 政治的な分断が深まる米国で、メディアも党派色を強めている。接する報道が異なることで、家族や友人同士で話ができなくなったり、往来が途絶えたりする事態も起きている。(ニューヨーク=鵜飼啓)

 大統領選に向け、共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン前副大統領による2回目の討論会があった10月22日、保守系ケーブルテレビ局・FOXニュースの番組「ザ・ファイブ」の司会者らは高揚していた。

 「今日明るみに出たことで、ジョー・バイデンが大統領になる目は全くなくなった」。司会者の一人、ジェシー・ワターズ氏はこうコメントした。

 討論会を数時間後に控え、番組ではバイデン氏の次男、ハンター・バイデン氏にまつわる疑惑を取り上げていた。数日前には、タブロイド紙・ニューヨーク・ポストが、ハンター氏が受け取っていた電子メールのデータなどが入ったパソコンを入手したとして、「バイデン氏と、ウクライナや中国の『癒着』を示唆する内容が含まれていた」と報道し、FOXニュースも追っていた。

トランプ応援団化するFOXニュース

 さらに、22日にはハンター氏…

この記事は有料会員記事です。残り2915文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2915文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2915文字有料会員になると続きをお読みいただけます。