[PR]

 食用目的で豚を自宅で違法に解体したとして、埼玉県警はベトナム国籍の無職の男(29)=同県上里町=を1日にも、と畜場法違反の疑いで逮捕する。県警は売却目的だった可能性もあるとみて、北関東で相次いだ家畜などの大量窃盗や、群馬県警が同容疑で逮捕したベトナム人らとの関連を調べる。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男は今年7月ごろから8月13日までの間、食用目的で自宅アパートの風呂場で豚1頭を解体した疑いがもたれている。近隣住民から「住人が豚や梨を盗んだり売ったりしている」との情報提供があり、県警は10月11日にアパート付近で男を職務質問。17日に男の自宅を捜索し、21日に出入国管理法違反(不法残留)容疑で男を逮捕していた。男は2018年に技能実習生として来日していた。

 男のスマートフォンには今年8月中旬にSNSで別のベトナム人に毛などを処理した豚の画像を送信した履歴が残っており、「買ってくれる人がいたら教えてほしい」などとメッセージが添えられていたという。男はこれまでの調べに「ベトナム人5人くらいで部屋に住んでいた」と話し、画像の豚は「SNSを通じて別のベトナム人から買い、解体して知人と食べた」などと述べているという。(山口啓太、宮脇稜平、黒田早織)

「ここで豚を解体?」記者が問うと…

 豚の解体が行われていたとされ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら