[PR]

 山形県鶴岡市教育委員会は30日、市立中学校で提供された給食の瓶入り牛乳に、ネズミとみられる体長5センチほどの小動物の死骸が混入していたと発表した。市教委は当面、納入した業者からの供給を見合わせる。

 市教委などによると、死骸が混入した牛乳が提供されたのは市立豊浦中学校。3年生の生徒が瓶のふたを開ける前、黒い異物が浮かんでいるのを見つけた。市給食センターを通じて学校側から連絡を受けた納入業者が、職員室でふたを開けて死骸を確認した。発見後、校内放送などで飲まないよう伝えたが、すでに10人ほどが口にしていたという。生徒の健康被害などは今のところないという。

 この業者は、市内の小中学校5校などに計800本余りを納入しているという。市は、庄内保健所の調査結果を待って、業者との契約打ち切りを含む処分を検討する。(佐藤孝則)