[PR]

 トランプ米大統領と「よき友人」となることで、大きな恩恵を得た国もある。その道を歩んだ代表格が、イスラエルのネタニヤフ首相だ。この4年間で驚くほどの成果をあげた一方、それはトランプ氏と一心同体となるリスクを冒す選択でもあった。

 土曜日の夜になると、エルサレムの首相公邸前の交差点には数千人の群衆が集まってくる。やがて、かけ声が響き出す。

 「誰もが政府に反対だ」

 ネタニヤフ首相の退陣を求める毎週恒例の抗議デモ。新型コロナウイルスで経済が悪化した7月に本格化し、いまも勢いが続く。

 「汚職や権力争いばかり。将来のための政治をやってくれ」と若者の一人は言った。ネタニヤフ氏は三つの汚職事件で起訴されて、5月から公判中だ。それでも続投にこだわる首相への不満が、参加者たちを突き動かす。

 しかし、ネタニヤフ氏への支持は大きく揺らいではいない。起訴後も総選挙を経て政権を維持し、世論調査では与党が支持政党トップの座を保っている。

 なぜなのか。その秘訣(ひけつ)は「トランプ流」の政治手法にあるとみられている。ネタニヤフ氏の選挙運動を分析した著作を持つオノ・アカデミック大学のエレツ・ヤコビ講師は「支持基盤となる右派層の人々の心をつかむ達人だからだ」と話す。

 典型が、国民を「敵と味方」に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら