[PR]

ドワンゴの救世主①

 夏野剛(55)の司会は堂に入ったものだった。自民党本部の特設スタジオから9月12日夜、生放送された自民党総裁選ネット討論会である。

 「コロナ禍の前と後、日本は元に戻るのか、それとも違う日本になるのでしょうか」「アメリカが世界で孤立するなか、日本はアメリカの抜けた穴をどう埋めていくべきですか」。質問はアドリブで、しかも冗談を交えながら、菅義偉、石破茂、岸田文雄の考えを引き出してゆく。

 討論会の模様はドワンゴが運営する動画配信サービス『ニコニコ生放送』でネット中継された。2006年にオタク文化から生まれたニコニコは一時250万人もの有料ユーザーをつかみ、若い人に熱烈に支持されてきた。司会役の夏野はそのドワンゴの社長である。

 ニコニコ動画のドワンゴが窮地に陥った。会員が減り、ついには赤字に。突然社長を託されたのはiモードの男、夏野剛。ネット・IT界のレジェンドである彼が陣頭指揮をとると、ドワンゴは一変。魔法が起きた。

ドワンゴを再建 新しい尊称は…

 就任したのは昨年2月、ピンチ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら