[PR]

ドワンゴの救世主②

 「功成り名を遂げた男がなぜ?」

 夏野剛(55)がドワンゴの社長に就くと、多くの人がそう受け止めた。「失敗したら信用をなくすよ」。そう忠告する人もいた。

 だから「火中の栗を拾った」と彼は言うが、ドワンゴ創業者の川上量生(52)の見方は少し違う。川上は、就任を打診された夏野が「もっと早く頼んでほしかった」と漏らした一言で、その胸に秘めた思いに初めて気づいたという。

 そんな野心の存在を尋ねると、夏野は「いやいや」と否定し、「こんなに大赤字になる前に言ってほしかった、という意味です」と苦笑した。だが、いくつもの社外取締役を兼ね、政府の規制改革推進会議の委員など30もの肩書を持つ夏野にとって、ドワンゴがずっと「特別な会社」であり続けたのは間違いない。

 ニコニコ動画のドワンゴが窮地に陥った。会員が減り、ついには赤字に。突然社長を託されたのはiモードの男、夏野剛。ネット・IT界のレジェンドである彼が陣頭指揮をとると、ドワンゴは一変。魔法が起きた。

「定石的手法」で急回復した業績

 最初の出会いはNTTドコモ勤…

この記事は有料会員記事です。残り976文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り976文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り976文字有料会員になると続きをお読みいただけます。