小田和正の名曲10選 込めた思いや秘話を本人が明かす

有料記事

吉田美智子
[PR]

 コロナ禍で先が見通せない日々だからこそ、聴きたい音楽があるはずです。朝日新聞土曜別刷り「be」が、今年デビュー50周年を迎えたアーティストの小田和正さんを特集。読者に「今こそ聴きたい名曲」をアンケートで尋ねました。半年がかりで新曲「風を待って」を書き下ろしたばかりの小田さんも、書面インタビューに応じてくれました。

 ――アンケートで1位の「言葉にできない」(1981年)は「ラララ……」という印象的な歌詞で始まります。どのようなイメージで作詞、作曲されたのでしょうか? また、小田さんは詞よりも、曲を先に作ることが多いそうですが、この曲も同じだったのでしょうか。

 オフコースの「over」というタイトルのツアーをするにあたって曲をそろえている時、言葉を超えていくような詞が出来ないかと考えているうちにたどり着きました。ほとんど曲から書きますがこの曲は並行していた部分もあったように思います。他の曲とは違いました。

 ――40年近く前に作られた作品が今でも多くの人たちから支持されています。どう思われますか。

 長く聴いたり歌ったりしてもらうことが目指すところだったので、それがいちばんうれしいことです。時間を経なければ出ない評価なので、忘れたころようやく届いた結果でした。

読者の投票では、「君住む街へ」が4位に。「風と君を待つだけ」が6位、「生まれ来る子供たちのために」が8位に入りました。

 ――「君住む街へ」(88年)、「生まれ来る子供たちのために」(79年)などメッセージ性が強い作品に「励まされた」などのコメントが多く寄せられました。震災や新型コロナのような社会の危機に、このように受け止められていることをどう感じますか。

 ずっとそれを待っていたわけ…

この記事は有料記事です。残り3058文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!