[PR]

 東京証券取引所の宮原幸一郎社長は1日夕、同日朝からのシステム障害について記者会見を開き、「多くの市場参加者、投資家に多大な迷惑をおかけしたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。2日朝から通常通り取引を再開できるように準備を進めているという。

 東証では1日午前9時の取引開始から全銘柄の売買が停止した。同じシステムを使う名古屋・福岡・札幌の各取引所も同様に停止。システム障害で終日売買できなくなったのは初めて。

 会見での説明などによると、障害は相場情報などを配信するシステムで起きた。情報配信用など複数のサーバーで使う情報を共有するための機器で故障が発生した。手動で機器を再起動する選択肢もあったが、注文の情報などが消えて混乱するおそれがあるため、情報市場参加者と相談して、終日の取引停止を決めたという。

 会見で経営責任を問われた宮原氏は「市場をあずかるものとして責任を痛感している」としたが、「JPX(日本取引所)グループ全体で徹底的な究明を行い、再発防止策に万全を期す。その上で責任の明確化を果たしたい」と述べるにとどめた。(鈴木友里子