[PR]

 政府・与党は1日、臨時国会を10月26日に召集する方向で最終調整に入った。菅義偉首相が同月中旬にベトナムとインドネシアへの訪問を調整しており、帰国後に首相として初の国会論戦に臨むこととなる。

 複数の与党幹部が明らかにした。政府・与党内では23日の召集も検討されていたが、首相の外遊予定を受けて「帰国後に(臨時国会への)準備の時間が必要だ」(政府高官)とし、26日召集の方向となった。来週8日に予定される与野党の国会対策委員長会談で野党側にも日程を伝達する。

 会期は12月上旬までの50日程度となる見通し。菅首相にとって初の所信表明演説が行われるほか、各党の代表質問や衆参の予算委員会での質疑などが予定されている。(清宮涼