[PR]

 菅内閣の首相補佐官に新たに就任した元共同通信社の柿崎明二(めいじ)氏(59)が1日、菅義偉首相から首相官邸で辞令を受け取った。その後、記者団の取材に応じ、「メディアからの転身なので、色んな受け止め方があると思う。私も自覚している」と話した。

 柿崎氏は首相と同郷の秋田県出身。共同通信社では、政治部を経て編集委員、論説副委員長などを務めた。政治部時代に故野中広務・元自民党幹事長から、当時1期目だった首相を紹介されて知り合ったという。柿崎氏によると、先月初旬に首相から電話で補佐官就任の要請を受けたという。政策の評価・検証を担当する。

 柿崎氏は、「取材する時でも『批判的に言ってくれ』と言われていた」と明らかにした上で、「そういうことを求められているのかなと思っている」と語った。

 柿崎氏の補佐官起用については、「直近まで権力監視をしていたジャーナリストが、政権を守る立場に一転して入るのは特異だ」などの批判の声が出ていた。

 首相はこの日の夜、柿崎氏らと東京・銀座の秋田郷土料理店で1時間ほど夕食をともにした。(楢崎貴司)