陸上イージス、代替策に二つの足かせ 洋上案には疑問も

有料会員記事

寺本大蔵、北見英城、二階堂友紀
[PR]

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の代替策について、政府は年末の来年度予算案編成に向け、検討を加速化している。ただ陸上イージスの装備を洋上に置く政府案には、疑問の声も出ている。なぜなのか。

 政府は6月に陸上イージスの配備を断念した。9月11日の国家安全保障会議(NSC)では、代替策を洋上案とする方針を確認。防衛省は具体的なイメージとして、①商船型②護衛艦型③移動式の海洋掘削装置型――を示している。

 これに対し、9月29日の自民党国防議連では「陸上の候補地は見つからないのか」「人員をどう確保するのか」などの疑問が相次いだ。問題の背景には「陸上配備をめぐる迷走」が残した二つの足かせがある。

 一つは「陸上には置けない」…

この記事は有料会員記事です。残り1254文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら