[PR]

 岸信夫防衛相は1日、同日に発足した海上自衛隊の「海上作戦センター」(神奈川県横須賀市)を視察した。岸氏の部隊視察は大臣就任後、初めて。

 同センターは自衛艦隊や護衛艦隊など六つの司令部を一つの庁舎に集約し、部隊運用の効率化を図ったもので、約500人態勢でスタートした。

 岸氏は海洋進出を活発化させる中国やロシア、弾道ミサイル発射を繰り返す北朝鮮を名指しして、「我が国を取り巻く安全保障環境は極めて速いスピードで変化し、一層厳しさと不確実性を増している」と指摘。「我が国防衛の最前線が集約されたようなこの場所での勤務に、誇りと責任をもってほしい」と述べた。(寺本大蔵)