[PR]

 フィギュアスケートの関東選手権は3日、茨城県ひたちなか市の山新スイミングアリーナで男子ショートプログラム(SP)があり、昨季のユース五輪王者で、今季からシニアに参戦する17歳の鍵山優真(星槎国際高横浜)が98・46点で首位に立った。国際スケート連盟(ISU)非公認大会のため参考記録ながら、自己最高より6・85点高く、世界歴代9位相当の高得点を出した。4回転サルコー―3回転トーループの連続ジャンプと4回転トーループ、トリプルアクセル(3回転半)をすべて着氷した。報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――シニアデビュー戦の最初の演技を終えた感想は。

 「全体的には悪くない。ジャンプもすべてそろったし、スピンも。ステップで足が引っかかってレベルを落としたと思うので、そこが課題です」

 ――4回転サルコー―3回転ト…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら