[PR]

 黒沢明監督の名作映画「七人の侍」のロケ地になった静岡県御殿場市の二岡神社に記念の看板が完成した。製作した市民グループによるお披露目会が3日に開かれた。

 「黒沢明『七人の侍』と二岡神社」と記した看板を設置したのは、御殿場黒沢明学術会(芹沢修治会長)。市とゆかりの深かった監督の功績を広く知ってもらおうと、2年前から活動している。

 黒沢監督は市内に別荘も構えるなど御殿場を愛し、数多くの映画のロケを行った。二岡神社では、世界の映画人に影響を与えた「七人の侍」で、野武士らが山道を馬で駆け下りるシーンなどが撮影された。

 生前の黒沢監督と親交があり、会を設立した写真家池谷俊一さん(77)は「(監督の足跡が)御殿場の文化として、市民の誇りになってほしい」と話していた。(六分一真史)

関連ニュース