[PR]

 フィギュアスケートの関東選手権は4日、茨城県ひたちなか市の山新スイミングアリーナで男子フリーがあり、昨季のジュニアグランプリ(GP)ファイナルで優勝し、今季からシニアに参戦する16歳の佐藤駿(フジ・コーポレーション)はジャンプでの2度の転倒が響き、120・52点にとどまり、合計は198・42点で2位だった。報道陣との主なやりとりは次の通り。

 ――最後は苦しそうにも見えた。

 「体力面では大丈夫だったが、ルッツで狙いすぎてしまい、足を打ってから痛くて、思うようにいかなかった。4回転ルッツは最近調子が悪くて全然降りられていなかったが、今朝の練習は降りられていたので、試合でもと思ってやったら、ああなってしまった」

 ――どこを打ったのか、影…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら