拡大する写真・図版終電後の大阪メトロ四つ橋線なんば駅のホームで飛行する、小型カメラを載せたマイクロドローン=2020年9月9日、大阪市浪速区、白井伸洋撮影(画像を一部加工しています)

[PR]

 マイクロドローンに注目が集まっている。手のひらに載るほど小さなドローンのことを指すが、一般的なドローンと違う魅力はどこなのか。活用が進む現場を訪ねた。

 終電後の大阪メトロ四つ橋線なんば駅。ミツバチのような羽音を立てたマイクロドローンが、人1人がやっと入れるほどの点検口から天井裏に入っていく。大阪メトロ(大阪市西区)が行うホーム天井裏の点検が始まった。

拡大する写真・図版点検口から天井裏に入っていくマイクロドローン=2020年9月9日、大阪市浪速区の大阪メトロなんば駅、白井伸洋撮影(画像の一部を加工しています)

 「長年の課題でした」。同社の広報担当者はそう話す。従来は、足場を組み、作業員が天井裏を移動しながら点検していた。天井の一部を撤去する必要もあることから大規模改修に併せて行うしかなく、建造から一度も点検できていない箇所もあった。高所作業のため、作業員の安全面にも心配があった。

 そこで目を付けたのがマイクロドローンだ。

 搭載した小型カメラで、点検し…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら