[PR]

 コロナ禍で飲食店が苦境に立たされる中、静岡市葵区の駿府城公園内にある静岡おでんの店が、おでんとピクニックを掛け合わせた新しい楽しみ方「おでニック」を提案している。

 おでニックとは、密を避け、自然の中でおでんを食べてもらう試み。店がいすやテーブルを貸し出し、客はそれを持って公園の好きな場所でおでんを楽しむことが出来る。

 考案したのは「おでんや おばちゃん」の店主、杉浦孝さん(46)。「春にはさくら、秋には紅葉と、自然豊かな駿府城公園だからこそできることを考えた」と話す。

 店名はおばちゃんだが杉浦さん…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら