[PR]

 陸上自衛隊は5日、朝霞駐屯地(東京都練馬区、埼玉県朝霞市)で行われた研修の参加者27人が、新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。いずれも20歳代の女性隊員で、全員が軽症か無症状。

 陸自によると、研修期間は7月~9月下旬で、27人は16都道府県の駐屯地から参加。うち朝霞駐屯地に所属する1人の感染が研修終了後の9月30日に判明し、各地に戻った濃厚接触者の検査が進められていた。一部の検査結果はまだ出ておらず、感染者はさらに増える可能性もある。

 研修には全国から約200人が参加し、朝霞駐屯地内の隊舎で一緒に寝泊まりしていた。

コロナ第2波 東京100days
緊急事態宣言が解除されたのもつかの間、東京は新型コロナウイルス感染拡大の「第2波」に直面する。政治や財界、そして人々はどう動いたのか。100日間のドキュメントで迫る。
【動画】プレミアムA 東京100daysコロナ第2波ドキュメント=西田堅一、藤原伸雄撮影