拡大する写真・図版主な政党支持率

[PR]

 1年以内に衆院選がある中、野党の苦戦が続いている。高支持率で発進した菅政権に対し、合流新党の立憲民主党をはじめ、支持率は低空飛行のままだ。どうすればいいのか。

 プリティ長嶋さん「伝説の男の面影なし」

 私は千葉県議会で、自民党系にも立憲民主党のような野党系にも属さず、無所属の議員として政治活動を続けています。その立場で国政での野党を見ると、もどかしさを禁じ得ません。

 野党の支持率はなぜ低いのか。まず野球のチームにたとえれば、4番打者とエースが不在です。立憲の幹部は旧民主党政権の時とほぼ同じ。これでは、惨敗したチームのレギュラーやスタメンが一向に変わらないようなものです。たとえチーム名を変えても、試合には到底勝てない。人気が出ないのは当然です。

拡大する写真・図版プリティ長嶋さん 1954年生まれ。長嶋茂雄氏のものまねタレントとして活躍後、千葉県市川市議を経て県議に。現在3期目

 一方の自民党は、河野太郎行革担当相、小泉進次郎環境相と、メディアもよく取り上げる若手がいます。次世代の4番打者、エース候補を野党も早急に育てるべきです。

 国民への訴えも響きません。そこで思い出すのは、高視聴率だったドラマ「半沢直樹」。半沢が銀行を悪用する大物政治家に迫るシーンは、現職議員の私にも響きました。「あなたの役割は国民への奉仕だ」と言う半沢に、大物政治家は「理想と現実は違う」とうそぶきます。

 国民の多くが支持するのは、大…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら