[PR]

 「ショートトラックを人気にするために、選手の一人として頑張りたい」。3、4日に長野・帝産アイススケートトレーニングセンターで開かれたショートトラックの全日本距離別選手権。男子1000メートルを制した吉永一貴(中京大)は優勝インタビューでそう語った。日本のエースの切実な思いに、リモート取材で迫った。

拡大する写真・図版ショートトラックの全日本距離別選手権の男子1000メートルで優勝した吉永一貴(アフロスポーツ/JSF提供)

 2018年の平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)。愛知・名古屋経大市邨(いちむら)高3年だった吉永は、この競技の日本男子で史上最年少で代表入りした。個人で2種目に出て1000メートルの13位(準々決勝敗退)が最高。他の日本選手も、1998年長野五輪以来のメダルを獲得することはできなかった。

 「平昌ではスケートでショート…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら