椎名桔平、出演なかった苦い下積み時代 今の役づくりは

有料会員記事

聞き手・後藤洋平
[PR]

 椎名桔平さんといえばテレビドラマや映画で長年活躍を続ける俳優だが、実は20代の駆け出し時代は劇団「新宿梁山泊」で過ごした。つまり、根は舞台の人なのだ。ただ、劇団在籍時には一度も役をもらえず雑用ばかりの日々。公演の舞台に立つことはなかったという。それでも、ある経験が「自分の手応えになった」と振り返る。そんな椎名さんが12月、アガサ・クリスティ原作の舞台「オリエント急行殺人事件」に主演する。このほどインタビューに応じ、若かりし頃のほろ苦い思い出や、現在取り組む役づくりの姿勢、さらにはコロナ禍で変わった価値観などを語った。

 ――1993年の映画「ヌードの夜」(石井隆監督)で注目され、その後テレビドラマや映画に出演するなど、数々の映像作品で知られていますが、確か最初のキャリアは劇団でしたよね。

 金守珍(キムスジン)さんが代表を務める新宿梁山泊で修業をさせてもらった。2年ほど所属していたのですが、その間、ずっと完全に下働きでした。公演のためのテントを設営したり、荷物運びや美術、音響の手伝いをしたり……。結局、一度も役をもらえなかった。

 ――舞台に立つことはなかったのですか?

 稽古での代役止まりでした…

この記事は有料会員記事です。残り3465文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら