[PR]

 コンビニ大手ローソンの人気商品「からあげクン」が、10月末にも宇宙に飛び立つ。フリーズドライに加工した「スペースからあげクン」が、米企業の有人宇宙船「クルードラゴン」に乗る野口聡一飛行士に提供される予定だ。ローソンによると、コンビニのオリジナル商品が宇宙空間に行くのは初めてという。一般向けに販売する予定はない。

 フリーズドライの宇宙食は、からあげクンのレギュラー味をベースにし、サクッとした食感。大きさは通常の半分ほどにしてある。無重力の状態では、小さな粉が機械に入り込みやすく、故障の原因になりかねない。こうしたトラブルを避けるため、一口で食べられる大きさにした。

 野口氏はクルードラゴンで飛び立ち、国際宇宙ステーション(ISS)に長く滞在する。スペースからあげクンは、このISSで提供されるという。宇宙で食べるのに適した「宇宙日本食」との認証を今年6月、宇宙航空研究開発機構(JAXA)から受けた。長期間の保存に耐えられるなどの認証基準を満たした。

 JAXAによると、「宇宙日本食」の認証は9月中旬の時点で、スペースからあげクンやキユーピーのマヨネーズなど45品目が受けている。(中島嘉克)