大阪のご当地グルメ、カツライス

拡大する写真・図版長男夫婦から贈られたエプロンを着て、笑顔の大井啓三さん(左)と里美さん夫妻=大阪市浪速区、滝沢美穂子撮影

[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 今年の春、初めて赴任した大阪の街でたまたま通りかかったのが、レトロな外観の洋食店「大井」(大阪市浪速区大国2丁目)だった。

 のれんをくぐると、貼り出したメニューに「カツライス580円」。お値段も手頃。ひと皿に盛られたトンカツ定食を想像して注文した。出て来た料理はやはり、平皿のライスに熱々のトンカツが載り、その上からソースがたっぷり。カツは食べやすいよう、一口大に切ってある。

拡大する写真・図版大井の「カツライス」=大阪市浪速区、滝沢美穂子撮影

 口に運ぶと、ん? ウスターソース系の塩辛い味覚を受けとめるはずの舌が混乱している。甘い……。気を取り直して二口目。サクサクの衣にしみたソースから、まろやかな甘みとうまみがじわり。デミグラスソースと分かれば、これはいける。

 思わぬ大阪の味との出会いにうれしくなり、会社の同僚に「カツライス、おいしいですねー」と話題を振ると、「何だっけ?」「聞いたことはあるけど」。まさかの薄い反応。え、大阪名物じゃないんですか?

 改めて店を訪ね、店主の大井啓…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら