[PR]

 自民党の東京都足立区議が区議会で、同性愛について「法律で守られると足立区が滅んでしまう」という趣旨の発言をした。自民党では杉田水脈(みお)衆院議員が「生産性がない」と月刊誌に寄稿するなど、議員による性的少数者への差別発言が止まらない。党内では多様性のある社会をめざした「変化の兆し」も見られる中、なぜ繰り返されるのか。

 「L(レズビアン)やG(ゲイ)が足立区に完全に広まってしまったら、子どもは一人も生まれない」「LだってGだって法律で守られているじゃないか、なんていう話になったのでは足立区は滅んでしまう」

 足立区議の白石正輝氏(78)がこう主張したのは9月25日の区議会本会議。少子高齢化について一般質問に立った際に述べた。「普通の結婚をし、普通に子どもを産んで、普通に子どもを育てることがいかに人間にとって大切なことであるか。(中略)教育の場で子どもたちにしっかり教えないと」と、教育現場で出産の意義を伝える重要性も強調した。

 この質問に対し区側は「結婚や子育ては、児童や生徒の発達段階に応じた指導をしている」と答弁し、性的少数者については特に触れなかった。

 一連の発言が報じられると、著名人らからも批判の声が上がった。

 俳優の東ちづるさんは自身のツ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら