学歴なんて関係ない? 同情もバカにされるのも、お断り

有料会員記事

聞き手・田中聡子、岸善樹
[PR]

 「学歴なんて関係ない」と言うけれど、その言葉には実態が伴っているのか……。そんな疑問を記事にしたところ、多くの反響がありました。生涯ついてまわる「学歴」への感情は人それぞれで、複雑。そこには日本社会のありようが映し出されていました。

野原広子さん「友人に『詐称』今では自慢に」

 ふとしたことから、40歳を目前にした2年ほど「学歴詐称」していました。詐称内容は「早稲田大学」。本当は茨城県の農業高校卒です。

 原因は、身近に「学歴大好き」の友人がいたこと。話題の8割が学歴。「彼女はポンジョ、彼女はお茶の水」と、他人の学歴をほとんど把握していて、「優秀よ~」って言うんです。ちなみに彼女の夫は一橋大でした。

 で、私にももちろん聞いてくるのです。「どこの大学?」「ライターって早稲田が多いよね?」と。聞かれるたびにはぐらかしたり、「あっちの方!」と指さしてみたり。その指が早稲田の方をさしていたのか、いつの間にか私は「早稲田卒」ということになっていました。

 それほどまでに学歴にこだわる人に「農業高校卒」と言えばどうなるのか。

ここから続き

 想像すると恐ろしく、言い出…

この記事は有料会員記事です。残り4445文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]