[PR]

 国立劇場の10月歌舞伎公演で、尾上菊五郎が当たり役のひとつ「魚屋宗五郎」で久々の舞台に立っている。9月に開かれた取材会で、コロナ禍の思いや意気込みを語った。

拡大する写真・図版尾上菊五郎

 菊五郎でございます。役者になってから初めて8カ月間のお休みをもらいまして、最初の舞台が国立劇場。何を出したらいいかなと思いましたが、私自身も思い入れもありますし、ちょうどベストメンバーを組めましたので、「魚屋宗五郎」をさせていただくことになりました。身震いするような喜びでございます。私も一生懸命務めてまいりますので、よろしくお願い致します。

 ――8カ月間、どういう気持ちで過ごしていましたか。

 もう本当に毎晩のように銀座で飲み歩いて……といいたいんですが、今回ばかりはそうもいかなくて、ひきこもりおやじをやっていました。

 ――再開のときのことを考…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら