[PR]

 静岡県藤枝市の蓮華寺池公園内にある全長77メートルのジャンボ滑り台が7日、改修工事を終え、4年ぶりに復活した。秋晴れの下、近くの藤枝東幼稚園の園児ら約100人が初滑りを楽しんだ。

 滑り台はステンレス製のローラー型。富士山や伊豆半島が見晴らせる小高い丘の上から、17メートルの高低差を一気に滑り降りることができる。下部の2基の滑り台(全長54メートル、24メートル)と合わせ、1988年の設置当初は「東洋一長い」とも言われた。ジャンボ滑り台は老朽化に伴い、2016年に使用禁止となり、昨年から改修を施していた。

 一番乗りは焼津市から2歳の娘、穏空(しずく)ちゃんを連れて訪れた坂東日奈子さん(27)。「側面に足や手をついてスピードを加減できるので、小さな子連れでも安心して滑ることができた」と満足げだった。(阿久沢悦子)