[PR]

 自民党二階派(47人)は7日、東京都内のホテルで政治資金パーティーを開いた。派閥領袖(りょうしゅう)の二階俊博幹事長が菅政権の誕生を主導したことを追い風に「ポスト」と「カネ」への影響力をさらに強めている。隆盛を誇る二階派に対し、他派閥は不満を募らせている。

 「自民党の中心的なグループとしてみなさんの思いを国政のうえに果たしていきたい」。二階氏はパーティーでこう胸を張った。

 会場には派閥の領袖や党幹部のほか、小池百合子東京都知事も出席した。

 菅義偉首相も公務の合間を縫って出席し、「就任に際して二階幹事長をはじめ、みなさま方に大変お世話になった」と述べ、深々と一礼。政策を実現していくためには「政権の安定」が不可欠と強調し、「党と政府が一体でなければならない。そうしたなかで引き続き二階先生に幹事長をお願いした」と持ち上げた。

 ただ、影響力を強める二階派に対し、他派閥からは「マグマのように不満がたまっている」(竹下派ベテラン議員)との声が上がる。

党内抗争の火種も

 そもそも二階派は党内では細田…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら