熊川哲也、経営者でアーティスト コロナで出した結論は

有料会員記事

文=吉田純子、写真=槙芝賢
[PR]

 ひとりのアーティストとして。そして、Kバレエカンパニーの経営者として。熊川哲也にとってこの半年は、両方の立場で自問自答を繰り返す日々だった。今月、人と人の絆のありかを問う「海賊」公演で、バレエという芸術を未来へつなぐ新たな道を模索する。

 4月から休業していたスタジオを、9月に再開した。「人と人との交流ができないと、社会が消滅する。前を向くしかない」

 ベストを尽くせないのであれば、一人のアーティストとしては、今はできれば「黙して耐える」を貫きたい。しかし、経営者としては組織を動かさねばならない。矛盾に苦しんだ。

 「アートが特別だなんて思っちゃいない。震災などの後は、みんなが前を向くために求められるということはあるけど、コロナなんてそう簡単には消えやしない。抱えている悩みはみんなと同じ。社員たちを、ダンサーを、どうやって動かしながら守っていくか」

 Kバレエの無期限活動休止も…

この記事は有料会員記事です。残り811文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら