子どもとオンライン考える 記者サロン、700人が視聴

有料会員記事ニュース4U

[PR]

 コロナ禍の影響で、子どももオンラインでゲームや勉強、人とのやり取りをする機会が増えています。便利な一方、依存症や友人関係のこじれなど、さまざまなトラブルも指摘されています。

 うまく使いこなす方法や、トラブルが起きた場合の対処法は――。朝日新聞社は4日、「子どもとオンライン」をテーマに記者サロンを開き、ネット、ゲーム依存のカウンセリングを行う臨床心理士の森山沙耶さんと、元公立中教諭で青少年のスマホ利用や「ネットいじめ」に詳しい兵庫県立大学准教授の竹内和雄さんに、視聴者のみなさまから寄せられた質問に答えてもらいました。

記事末尾にイベント当日の収録動画があります。見逃した方や、申し込まなかった方もご覧になれます。

 6月に開催した「学校再開…

この記事は有料会員記事です。残り167文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

#ニュース4U

#ニュース4U

「#N4U」取材班が読者の皆さんから身近な疑問や困りごとを募集し、SNSで情報交換しながら深掘り取材します。[記事一覧へ]