11PM見てたら逆さづりに…松尾貴史、父の強烈な個性

有料記事

聞き手・西村悠輔
[PR]

おやじのせなか

 タレント、俳優、カレー店主とマルチに活動する松尾貴史さん(60)の父親はバーテンダーでした。昼間は少年野球の監督、冗談好きで時にはモノマネも。個性的なキャラクターのお父さんの思い出を語ってもらいました。

著名人が父のことを語る連載「おやじのせなか」。今回はデジタル版限定のロングバージョンです。

 父は9人きょうだいの下から2番目。相当貧しい家で、島根の山あいの限界集落に近い町の出身でした。中学2年の頃に家出同然で出てきて、たどり着いた先が神戸。米軍キャンプに出入りして兵隊たちの遊び相手をして、英語が達者になったそうです。それで米兵が通う店のバーテンダーに。未成年でカクテル作るなんて今じゃ考えられないですね。

アメリカに密航計画?行き先は…

 その直前、喫茶店をやっている知人から「神戸の港からアメリカへ密航できるぞ」って誘われたんだそうです。船に忍び込んで、救命ボートが収納されたシートの下に1週間飲まず食わずで隠れていた。

 ところが最終的に船が着いた…

この記事は有料記事です。残り2071文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

大学入学共通テストのニュースはこちら

大学入学共通テストのニュースはこちら

最新ニュース、時間割、受験生応援企画などをお届け。試験当日は問題と解答を速報します。[記事一覧へ]