[PR]

 東京・池袋で昨年4月、乗用車で母子を死亡させ9人に重軽傷を負わせたとして、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(89)は8日、東京地裁であった初公判で、「車に何らかの異常が生じ暴走した」と無罪を主張した。一方、検察官は、妻と長女を事故で失った松永拓也さん(34)の供述調書を読み上げた。松永さんが家族の写真を示しながら語り、今年1月に作成された調書の要旨は以下の通り。

     ◇

 自分の人生の全てともいうべき2人を失いました。真菜(当時31)が残した育児日記を眺め、毎日をいとおしく思い、絶望や後悔を繰り返しています。

 プロポーズの写真。真菜のうれし泣きを見て、一生をかけて幸せにしようと心に誓いました。

 莉子(当時3)の出産の時の写真。なんてかわいく、人の命は尊いのだろうと思いました。大切なこの子を、人生をかけて守ろうと思いました。

 育児日記には、日々の莉子の様子が書いてあり、真菜の愛情の深さがうかがえます。

 真菜がかざりつけなどをした1~3歳の莉子の写真。春の桜を見たり、夏祭りに行ったりした写真、紅葉、温泉の写真。私たち家族3人、ささやかながら四季を通じて幸せな生活をしていました。

 当たり前のように、毎年、花見ができると思っていました。莉子が温泉に入ったときのかわいらしい顔を見たくて、また温泉に連れて行きたいと思っていましたが、もうできません。

 4月19日の昼前、莉子が公園…

この記事は有料会員記事です。残り680文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り680文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り680文字有料会員になると続きをお読みいただけます。