[PR]

 新型コロナウイルスの影響で春の開催が中止となった藤枝市の地域おこしイベント「藤枝おんぱく」が17日~12月13日、市内各所で開かれる。プログラム数は昨年の91から40に減らし、検温やマスク着用を求めるなどコロナ対策を施した上で実施する。

 「藤枝おんぱく」は2014年にスタート。まち歩きを通して、藤枝の歴史や文化、食などを発見する市民主体の体験型観光イベントだ。17日の初日はまるか村松商店(藤枝2丁目)で「おはぎ作りとお茶の淹(い)れ方体験」がある。

 ほかに「ジビエバーベキューと杉井酒造見学」(18日)、「オリーブ畑とハチミツ、キクラゲ生産の現場を訪ねる」(11月1日)など地元の食材をめぐる旅や、地域情報紙の編集長が案内する「今昔藤枝宿東側の都市伝説を歩く」(10月31日)など歴史探訪もある。申し込みの受け付けは9日正午から。公式ウェブサイト(https://shizuoka-onpaku.jp/fujieda/別ウインドウで開きます)か電話(070・5332・3955)で受け付ける。(阿久沢悦子)