[PR]

 菅義偉政権は「各論内閣」で、小泉純一郎政権と相似形――。元総務相で、パソナ会長の竹中平蔵・東洋大学教授は9月18日、朝日新聞のインタビューに応じ、新政権の特徴をそう読み解いた。小泉政権下で総務相だった竹中氏は、当時総務副大臣だった菅氏に今でも直接助言するブレーンの一人。菅氏の政策の進め方や看板政策のデジタル庁の課題などを中心に聞いた。

拡大する写真・図版インタビューに答える東洋大学教授の竹中平蔵氏

 ――新政権では、菅首相自らが個々の具体的な政策の方向性を示すことが目立ちます。

 「社会を変えていくための政策はたくさんありますが、全部はできません。私が小泉氏から一番学んだことは、戦略的アジェンダ(課題)を設定する重要性でした。課題を実行していくと、ドミノ倒しみたいに、社会にいろんな変化が起きることが期待できる、わくわく感のある政策です。(そういう政策を)菅首相なりに感じとっているのでしょう。不妊治療への公的医療保険の適用もうまく見つけたと思います」

 ――携帯値下げ、不妊治療、デジタル庁など、打ち出したそれぞれの政策課題に共通項はありますか。

 「菅さんは地方出身で、高校を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら