[PR]

 前夜の大雨のなごりか、暗い空から雨粒がぱらぱらと落ちてきていた。朝6時過ぎ。松井峯子さん(77)は古い一軒家の引き戸を開けて門まで歩き、郵便受けをのぞきこんだ。朝刊の下に、いつものように紙が1枚あった。

 にじんだボールペンの字で「どしゃ降りですわ」と書かれていた。警察官が巡回したことを知らせるパトロールカード。そうね、昨晩は雨音がひどかった。それでも来てくれたのね。少し湿った紙を見つめ、笑みがこぼれた。

 名古屋市中川区の松井さん宅にカードが届き始めたのは昨年12月。朝起きると、勝手口の窓ガラスの鍵穴あたりが割られていた。15年近い一人暮らしで初めての経験だった。

 警察に届けると、細身の警察官…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら