[PR]

 星野リゾート(長野県軽井沢町)が九州・山口で宿泊施設を積極的に展開している。新型コロナウイルスの影響で宿泊業界は厳しい状況にあるが、旅館やホテルを次々と開業させる。温泉や自然など豊富な観光資源がある九州に注目し、国内旅行客に加え、将来的な訪日客の取り込みも視野に入れている。

 大分・由布院で8日、星野リゾートが手がける新たな宿泊施設の起工式が開かれた。展開するのは高級旅館ブランド「界」。九州・山口では5カ所目となる。

 建築家隈研吾さんの設計で、約3万6千平方メートルの敷地に棚田に似せた庭園を設置。施設全体を自然豊かな農村風景に溶け込んだ造りにするという。客室は五つの平屋と3階建ての客室棟からなり、計45室。宿泊料金は1泊2食付きで1人3万~4万円を想定し、2022年夏の開業をめざす。

 星野佳路代表は式典で「由布院…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。