2千万円「貴賓車」購入、乗るのは… 山口県に疑問の声

有料記事

藤牧幸一
【動画】山口県が2千万円の皇族車購入 批判の声相次ぐが県は運用変えず=藤牧幸一撮影
[PR]

 皇族が来県した際に使う来賓用の車について、山口県が新車に買い替えたところ、疑問視する声が県庁に相次ぎ寄せられている。価格が2千万円を超すのが大きな理由だ。ただ、今のところ皇族の来県予定はなく、県議会議長車として使っている。

 購入したのは、トヨタの最高級車センチュリー。皇族が来県した際に使う車として、県は「貴賓車」と呼ぶ。2090万円で7月に購入した。

 県は買い替え理由について、旧貴賓車が購入から18年を迎えて安全性に懸念があることに加え、「前例を踏まえた。皇族を迎える側として、これまで通り最高級車のセンチュリーに乗っていただくことがいいと判断した」と説明する。「山口県内では、センチュリーを借りられるハイヤー業者はなかった」とも話す。

 ただ、県によると、2017…

この記事は有料記事です。残り652文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント