[PR]

 河野太郎行政改革相は9日の記者会見で、自らが進める行政手続きの「脱ハンコ」をめぐり自民党の議員有志が「拙速」と指摘する要請書をまとめたことに対し、「やるべきことを淡々とやるのみ」と述べた。自民党の二階俊博幹事長は有志の活動に「頑張れ」などと激励しており、党側と温度差が出ている。

 議員有志は「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(ハンコ議連)。8日、全国有数のハンコの生産地、山梨県の長崎幸太郎知事と連れだって加藤勝信官房長官と首相官邸で面会し、「印章業界を含む国民の十分な理解」を求める要請書を提出した。

 河野氏は会見で、長崎知事との今後の面会予定についても「私は業務の優先順位に従って日程を決めている」と述べるにとどめた。(坂本純也)