[PR]

 地球温暖化が国際的な課題となるなか、温室効果ガスの二酸化炭素(CO2)を「出さない・使う」技術が注目されている。ごみ焼却施設や火力発電所などがターゲットの「脱炭素」研究はどこまで進んでいるのだろうか。

ごみからプラスチック原料をつくる、ウサギの腸の微生物がカギ

 燃やしたごみから、プラスチックの原料をつくる。そんな研究を進めているのが、積水化学工業だ。

 まず、ごみを低酸素状態で燃やす。するとCO2ではなく、一酸化炭素(CO)と水素(H2)を主成分とするガスが発生する。これは「ガス化」と呼ばれる既存技術で、すでに導入しているごみ処理施設もある。

 通常は、ガスをさらに燃やし、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら