[PR]

 全国で保育施設の定員拡大が進み、待機児童が大きく減るなか、保育園はいま、「量」だけでなく、「質」の確保が求められています。しかし、「保育の質」とは? なかなか数値化しにくく、改善されにくいこのテーマについて、新潟県私立保育園・認定こども園連盟が、調査研究を行っています。報告書からは、なぜ子どもたちに手厚い保育士の配置が必要なのか、具体的に知ることができます。

拡大する写真・図版埼玉県内のある認定こども園は独自の工夫などで保育士を加配。2歳児クラスの給食の時間、保育士は「おいしいね」などと声をかけながら子どもたちの様子を見守った

「いないいないばあ」に気づかない

 保育園の1歳児クラスでの給食の時間。6人の子どものうち1人が、同じテーブルに座る保育士に向かって何度も「いないいないばあ」をしてみせた。だが保育士は、テーブルの対角線上にいる子どもの介助に手いっぱいで気がつかない。しばらくすると、その子は諦めた様子で保育士の気を引くのをやめ、黙って食事に戻った――。

 連盟が昨年実施した調査研究での一コマだ。子どもに対する保育士の配置は厚生労働省が基準を定めており、子どもの年齢に応じて変わる。例えば1歳児なら、子ども6人につき1人以上の保育士を配置することになっている。

 しかし現場の保育士からは、「保育園に求められる役割は複雑化しており、実態に合わない」などとして見直しを求める声があがっていた。

 研究は、保育士配置が子どもたちに与える具体的な影響を探ろうと、県内の認可保育園など16園の協力を得て実施。どの子に向かって話したかがわかりやすく、園ごとの保育方針の違いが出にくいという給食の時間に、保育士1人が1歳児3人をみる場合と6人をみる場合の様子をそれぞれ10分間録画・録音し、保育士が子どもに話しかけた回数を比較した。

大きく差が出たのは……

 参加した保育士27人分の映像と音声を分析したところ、保育士が子どもに話しかけた回数の総数は、3人でも6人でも平均約190回で、大きな差はなかった。

 違いが出たのは、子ども一人ひ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら