「裏かかれた」巡らぬ天命 暗中模索の石破氏に映るもの

有料会員記事自民党総裁選2020

松山尚幹
[PR]

 天命はまためぐってこなかった。

 「石破茂 68票」。9月14日の自民党総裁選。石破茂元幹事長は、スクリーンに映し出された一番少ない自分の票数を、小さくうなずきながら見つめていた。

 会場から人がはけ始め、石破氏もホテルのエレベーターの方に向かった。

 1人の男が近づいてきた。石破派会長代行を務める山本有二元農林水産相だった。山本氏は、石破氏がよく講演でとりあげる猪瀬直樹氏の著作「昭和16年夏の敗戦」をあげて語気を強めた。

 「日本は負けると分かっていたのに戦いに突っ込んだ。それと同じではないか。この責任をどうとるんだ」

 山本氏は、傷口に塩を塗るようなものだと思ったが、あえて突きつけた。

 石破氏は、ただ黙って聞くし…

この記事は有料会員記事です。残り2535文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

自民党総裁選2020

自民党総裁選2020

安倍晋三首相の辞任表明を受けた自民党総裁選は、次の首相を選ぶことに事実上つながります。出馬を表明した3氏の動きを紹介します。[記事一覧へ]