[PR]

 サッカーの国際親善試合が9日、オランダ・ユトレヒトであり、日本(世界ランク28位)は0―0でカメルーン(同53位)と引き分けた。新型コロナウイルスの影響で3、6月に予定されていたワールドカップ(W杯)2次予選が延期されたため、国内組で臨んだ昨年12月の東アジアE―1選手権以来の代表戦だった。カメルーンとの対戦成績は3勝2分けとなった。

 海外組だけで編成された日本は前半を堅い守りでしのぎ、後半はより多くの好機を作ったが、得点につながらなかった。

 このあと、13日にコートジボワール(同60位)戦に臨む。W杯予選は来年3月に再開する予定。

「サッカーは球の奪い合い」 浸透した監督の哲学

 キックオフ直後だった。ピッチ中央で、MF南野が相手に激しくぶつかって押し倒す。「ボールの奪い合いで負けない」。森保監督が、どんな相手であっても選手に最も求めることを体現したプレーだった。

 試合で一番必要なものは何か。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら