【動画】日本学術会議の新会員候補6人を政府が任命せず。何が問題か。政府の説明は。
[PR]

 立憲民主党の蓮舫代表代行は、菅義偉首相が9日の朝日新聞などのインタビューで、日本学術会議の会員候補6人を除外する前の推薦者名簿について「見ていない」と発言したことに対し、ツイッターで批判した。

 蓮舫氏は9日夜、「え? 今度は『見ていない』と言い出すのですか」と投稿。続けて「私たちのヒアリングで担当者は99人の名簿と、日本学術会議からの推薦105人名簿をあわせて添付し菅総理まで決裁があがっていると説明され、その資料もいただいています。かつ、私たちへの提供時に105人名簿から6人の名前は黒塗りされています」と記した。

 政府側が野党合同ヒアリングに提出した文書では、菅首相や加藤勝信官房長官らが、任命する99人の名簿付きの決裁文書に押印。さらに、「日本学術会議会員候補者推薦書」として105人の名簿も添付されていた。うち6人の名前はヒアリング提出時に黒塗りとされていた。

 蓮舫氏はこれらの文書の写真を付けてツイート。10日も「決裁文書に添付されていた名簿、菅総理が『知らない』で済む話ではありません」などと投稿した。