[PR]

 北朝鮮は10日未明、朝鮮労働党の創建75周年を迎え、大規模な軍事パレードを行った。異例の夜間の実施で劇的な演出を図ったとの見方もある。非核化をめぐる米朝協議を進展させたい北朝鮮は11月の米大統領選後を意識するが、米国の北朝鮮政策には手詰まり感も漂う。

 「予想もできなかった防疫前線、自然災害復旧への将兵の献身には感謝の涙なしにはいられない」

 金正恩(キムジョンウン)党委員長はパレードの前に演説を行い、眼鏡を外すなど実際に涙ぐむ姿を数回、見せた。「私は首領(祖父の故金日成(キムイルソン)主席)と将軍(父の故金正日(キムジョンイル)総書記)の偉業を仰いでこの国を率いる重責にあるが、努力が足らず人民が困難な暮らしから抜け出せないでいる」と自らを省みたのも異例だ。「一人たりとも悪性ウイルス被害者にならず健康にいてくれて本当にありがたく思う」などと「ありがたい」という言葉も繰り返した。

 最近、複数の北朝鮮人とやりと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら