[PR]

 「中日ドラゴンズファンの聖地」として知られる名古屋市の中華料理店「ピカイチ」が、ユーチューブの公式チャンネルを始めた。その名も「ピカイチ名古屋チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCxGJ6KtQFXqNItphXIY1p7Q別ウインドウで開きます)。中日OBらと名物アナウンサーの絶妙なトークが、同窓会のように、あのころを思いださせてくれる。

 千種区今池にある1965年創業のピカイチは、初代店主の兵頭洋二さんが元監督の星野仙一さん(ともに故人)と親交が深かったこともあり、中日関係者だけでなく、球界関係者やファンらが大勢訪れる。動画配信のきっかけは、「ミスタードラゴンズ」と称された元監督の高木守道さんが今年1月に78歳で亡くなったことだった。

毎週火曜日に、中日ドラゴンズにまつわる話題をお届けします。

 2代目店主の兵頭忠保さん(48)は「もっと高木さんご自身のお話を聞きたかったという思いもあった。うちは、多くのファンの方に支えてもらっているお店。自分が昔を振り返る年齢になったということもあるかもしれないけれど、ナゴヤ球場のころとか、お客さん同士が思い出話をするきっかけ作りをするのもいいかなと思ったんです」。

 高木さんが亡くなったあと、兵…

この記事は有料会員記事です。残り979文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り979文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り979文字有料会員になると続きをお読みいただけます。