加藤氏「推薦名簿は参考資料、見ていない」 首相発言で

【動画】日本学術会議の新会員候補6人を政府が任命せず。何が問題か。政府の説明は。
[PR]

 日本学術会議が推薦した会員候補のうち6人を菅義偉首相が任命しなかった問題をめぐり、加藤勝信官房長官は12日の記者会見で、105人分の推薦者名簿について「首相は詳しくは見ていなかった」と説明した。推薦者名簿を「見ていない」とする首相の発言を追認した。誰が6人除外を決めたかについては明確な説明を避けた。

 首相は9日の朝日新聞などのインタビューで、9月28日に会員任命を決裁する直前に、実際に任命した99人分の名簿を見たと説明。学術会議側が推薦した105人分の名簿は「見ていない」と述べた。会員は学術会議の「推薦に基づいて」首相が任命すると日本学術会議法に規定されており、野党や専門家から違法性を指摘する声が上がっている。

 加藤氏は「(任命の)決裁文書に推薦名簿は参考資料として添付されていた」と説明。首相の「見ていない」発言は「参考資料までは詳しくは見ていなかったということ」とした。

 一方、加藤氏は「決裁までの間、首相には今回の任命の考え方の説明も行われている。推薦を無視してやっているわけではなく、推薦リストに基づいて任命を行っている」として違法性を否定した。

 任命除外が首相の指示で決まったか否かは「(政府内で考え方を)共有した上で任命が行われた」と述べるにとどめた。政府関係者によると、首相は決裁に先立ち、杉田和博官房副長官から複数の除外者を出す方針を伝えられていた。6人の任命除外への首相の具体的な関与をめぐり、官邸幹部は「首相は(除外された人の)個人名を知らなかったかもしれない」と語った。政府内での除外判断の経緯について、加藤氏は「控えさせていただく」と繰り返している。

 一方、先端科学技術の研究者らを国籍を問わずに厚遇で招く中国の「千人計画」との関わりが自民党議員の一部やSNS上などで指摘されていることについて、加藤氏は「学術会議として、千人計画を支援する学術交流事業を行っているとは承知していない」と述べた。